FC2ブログ

    車輪の写真、音楽etc

    写真や音楽についてのよしなしごと

    王禅寺の周り- 近くの細道004

    ごぶさたです。

    かつて出荷されていた「禅寺丸」という名前の小粒で甘い柿の原木があることで有名な川崎は王禅寺のあたりを歩いてみました。ぱっと見は住宅街なのですが、注意深く見てみると緑が残っておりその中にすうっと続いている小道があります。
    王禅寺・琴平神社周辺スナップ1

    笹薮の中を続く道を歩いていくと脇に小山の斜面を利用した小さな果樹園が現れました。桃の花でしょうか、花が咲いていて小さな蜂が飛んできました。昔と変わらない景色なのですが、果樹園の周りは昔はなかった鉄柵で囲われていました。世相を反映しているのでしょうか。
    王禅寺・琴平神社周辺スナップ2

    お寺の近くの畑では、桃の花、菜の花、コブシの花が咲いていました。隣接する公園では桜の花もだいぶつぼみが膨らんでいます。公園でスボーツをしている人たちの歓声が時折聞こえてきます。公園のあった場所は以前はただの藪で覆われた斜面でこの辺りは静かな場所でした。そういえば初めてこの場所を歩いた時、熊ん蜂がたくさん花に群がっていてその横を通り過ぎる時ちょっと怖かったことを思い出しました。
    王禅寺・琴平神社周辺スナップ2

    続きを読む>>

    別所周辺 - 近くの細道003

    ようやく少しずつ冬らしくなってきたある日。

    谷戸を埋め立てたような場所に以外と広い畑があります。天気が良いと遠くに丹沢の山が見えて気持ちがせいせいするのですが、この日は靄って見えませんでした。



    大通りをはさんで対面の斜面を登っていきます。この設備は今も使われているようです。


    一旦降りて大通りに戻り、今まで入ったことのない道を登っていきます。斜面には小さな畑が散在し、その横には比較的太い木が...。暑い季節には日陰の下に休む場所を提供してくれるのでしょうか。


    丁寧に斜面を開墾して造られた畑に心惹かれます。


    谷間にいると狭い世界ですが、高いところに登ると思った以上に遠くが見えるこのコントラストが好きです。横浜の街が見えているのでしょうか。

    続きを読む>>

    会津駒ヶ岳 -ブナと針葉樹と雪の世界

    8ヶ月ぶりに山に行こうと思い立ち、福島県は奥会津の会津駒ヶ岳に登りました。

    実は、会津地域の山に登るのはこれが初めて。文献やネットの情報を参考に準備をしていったのですが、やはり普段行くことの多い八ヶ岳や奥秩父の山とは微妙に勝手が異なりますね。

    登りだしは急登の連続。夜が明けてみると天気は晴れてはいないものの視界はきいています。いろいろな種類の木に囲まれたブナと隣の尾根の山肌を見ながら進みます。


    ブナの根元は雪が溶けて空間が開いています。木は生き物で体が温かということだなあ、と今更気がつきます。


    ブナだけの森というのも風情がありますが、いろいろな木が混成している中に立つブナもまた良いものです。


    上空の雲の厚さがまして、風が出てきました。少し荒れるかもしれません。雪も深くなってきたので、輪カンジキという道具を山靴にくくりつけます。輪カンジキとは雪に足が埋もれないようにする道具です。


    だいぶ高度が上がってきました。次第にブナや広葉樹たちの姿が消えて針葉樹の姿が増えてきます。


    広葉樹の葉っぱは落ちて幹や枝だけの姿と、針葉樹の深々として緑そして雪の対比が素晴らしいです。


    再び空が暗くなり、稜線に近づくと風と雪が強くなってきました。途中の深雪で予想以上に時間がかかったため頂上まで後少しのところでしたがどうやら引き返し時です。心残りでしたが急いで登ってきた足跡が消えないうちに山をくだりました。


    岩稜帯はほとんどない代わりに柔らかい雪がどっさり積もっているというこのエリアの特徴から、良く言われている山スキー(今はBCスキーというのでしょうか?)やスノーシューが有効であるということを痛感しました。
    足回りにおける深雪対策は必須ですね。


    続きを読む>>

    並木周辺 - 近くの細道002

    新年あけましておめでとうございます。
    今年も皆様にとって良い年になりますように。

    冬らしくない暖かい?日々が続いています。
    ここ関東地方は晴天に恵まれていますね。

    お散歩には絶好の日和です。
    町田市北部の並木周辺に出かけてみました。

    前から気になっていた路地を入ってみます。
    町田市北部の写真

    小さなほこらや神社が所在なげに点在しています。
    もちろん今でも訪れる人はいるのでしょうが、昔はもっとにぎやかだったのでしょう。
    町田市北部の写真

    空は青く、歩みを進めるたびに枯れ葉がかさこそ言います。しかし意外に近くから車の音が聞こえていてミスマッチな感じがして、ここは郊外の地であることを改めて思い知らされます。
    町田市北部の写真

    小さな山を1つ越えて、小さな谷間に進みます。
    この辺りでいう「谷戸」という地形です。谷戸の緩斜面は畑として利用されます。最近では突然住宅が立ってしまうことも珍しくないのですが...。
    町田市北部の写真

    この辺りはよく見るともう使われていないように見える(使われているようでしたら失礼)家屋がひっそりと立っていることがあります。
    ここにどんな人がいてどんな人生を送ったのだろうあるいはすべては時に流されてこの家のみがただ佇んでいるのだろうか、などなどこちらの心にもさざ波が立ちます。
    町田市北部の写真

    そんな思いも通りに出るとたちまちかき消されてしまいます。
    町田市北部の写真

    懐かしい生き物に出会うこともできました。
    町田市北部の写真

    続きを読む>>

    近くの細道 - 真光寺周辺

    久しぶりの更新です。
    12月だというのにあまり寒くならなくて、紅葉がだらだら続いている...というより散り際がわからず草木は戸惑っているのかもしれません。

    近くの住宅街から細い道へ。
    近くの細道

    家からそう遠くない場所なのですが、大通りから外れると意外と昔と変わらない風景があります。
    近くの細道

    リアルに言ってしまえば町田市の行政の保護が厚いからかもしれません。
    近くの細道

    畑が残っていてほっとします。
    近くの細道

    人と車がすれ違うのに精一杯な場所が多いです。
    近くの細道

    山の中なのか、というとそうでもなく都会が望めます。
    近くの細道

    いつ紅葉は散ってしまうのでしょう。
    近くの細道

    高圧電線の鉄塔がランドマークです。
    近くの細道

    人工物から逃れることはできませんが、そう気にもなりません。
    近くの細道

    冬になれば遠く南アルプスの山並みが望めるかもしれません。
    近くの細道

    何がら祀られているのだろう?
    近くの細道

    竹林、土壁...子供の頃見た風景、そのままです。
    近くの細道

    ほっとします。
    近くの細道

    ぶら下がってみたいのですが、大人になると難しい...
    近くの細道

    冬を前に散るに散れない紅葉が戸惑っているようです。
    近くの細道

    見上げる空の透明感に冬の足音が聞こえるような気がします。
    近くの細道






    続きを読む>>

    プロフィール

    車輪

    Author:車輪

    日本列島関東地方南部で暮らしながら、ピアノを弾き時々旅に出て写真を撮ってます。旅は登山、車、モーターサイクル。数日にわたるものから端切れのような時間を使ったものまで。なかなかうまくならないピアノが時々写真にヒントをくれます。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR